竹林の歴史

当園の竹林は昭和43年に高松求氏によってそれまで畑だった土地に竹を移植して作られました。それから半世紀にわたり良質なタケノコを出すための技術を独自に生み出し続けながら管理を続けています。平成18年より現管理者である安部真吾が引き継ぎ管理しております。